トップページタレント・アーティスト → ナサニエル・ローゼン
音楽家・ミュージシャン

ナサニエル・ローゼン   Nathaniel Rosen
(チェリスト)

 1948年、カリフォルニア生まれ。弁護士でアマチュアビオリストの父のもと、6歳からチェロを始める。13歳で、チェロ奏者グレゴール・ピアティゴルスキーに出会い、師が指導育成にあたる南カリフォルニア大学「音学科特待生クラス」に迎え入れられる。22歳よりピアティゴルスキー師の助手を務め、以降、師が亡くなるまで父子のような交情を保つ。同時期、ヤッシャ・ハイフェッツのマスタークラスにも招かれ、室内楽を共演する。1977年、ヌーンバーグ国際チェロコンクール優勝を機に、米国・ロンドンにてデビュー。ピッツバーグ交響楽団の主席チェリストに就任。翌1978年、第6回チャイコフスキー国際コンクールで、アメリカ人として初めてのチェロ部門優勝を果たし、以降世界的名手として広く知られることになる。
 ソリストとして、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロサンジェルス・フィルハーモニック、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団などと共演。また、インターロッケン夏季室内楽音楽祭の芸術監督、アラスカ・シトカ音楽祭の創始者の一人であり、パークシティ国際音楽祭、バーモント州マンチェスター音楽祭、カザルス音楽祭など数多くの室内音楽祭に参加している。
 過去における来日は、チャイコフスキー国際コンクール後、東京、大阪でのリサイタル。1966年〜1999年の笛吹川国際音楽祭、2002年札幌、2004年清水勝雄メモリアルコンサートにて、皇后陛下のご来臨を賜る。ダラス市のサウスメソジスト大学、ニューハンプシャー州トーマス大学、マンハッタン音大にて教鞭を取る。
 2011年より日本へ移住。現在は、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラの首席チェロ奏者として演奏するほか、日本における本籍地松山にて愛媛交響楽団と共演、リサイタルも行う。また、Wamilesコスメティックス主催のコンサートシリーズにて、ピアノトリオの演奏を毎年行っている。
 日本での最新録音CD「ナサニエル・ローゼン バッハを弾く(仮題)」無伴奏チェロ組曲が近く発売される予定。

(※最終更新日:2015年12月9日)


※当サイト内の文章、画像等の無断での転載・転用を禁じます

有限会社 マルコボ.コム